ロゴ
HOME>Review>矯正歯科はどの治療がいいの?自分に合う矯正治療を見つけよう【体験談】

矯正歯科はどの治療がいいの?自分に合う矯正治療を見つけよう【体験談】

診察室

歯並びが悪いと歯を見せることにコンプレックスを感じやすいです。歯を気にせずに、思いっきり気持ちよく笑うために、歯の矯正をしてみましょう。最近は、目立たない方法も用意していますよ。

クチコミ

裏側歯列矯正で目立たずしっかり矯正できました[30代|男性]

以前から歯並びが悪いのがコンプレックスになっていました。外回りの営業職のため、商談中に相手の視線が口元に来るたびに気になり、そのせいで仕事に集中できないことも多々ありました。そこで地元大阪の矯正歯科で、仕事の妨げにならないように目立たない歯列矯正の治療方法を調べました。その結果、合っているのは裏側歯列矯正のリンガルワイヤー矯正だとわかりました。リンガルワイヤー矯正は歯の裏側に小さな箱状のブラケットを装着し、そこにワイヤーを通すので目立ちません。ワイヤーなのでしっかりと歯を動かすことができ、比較的短期間で治療が済みました。また、歯の表面にワイヤーを施さないため、虫歯になりにくいという利点もあります。

マウスピース矯正だと外せるので便利です[30代|女性]

綺麗な歯並びの笑顔に憧れて、大阪の矯正歯科で歯列矯正をすることにしました。一番に心配だったことは目立つのではないかということです。そして、器具がついているところがよくブラッシングできずに虫歯になるというイメージもありました。歯列矯正は銀色のワイヤーを歯の表面につけているイメージでした。でも、調べてみると色々な目立たない矯正方法があって、一番合っているのは、マウスピース矯正のインビザラインだとわかりました。インビザラインは透明のマウスピースなので、付けている事が目立ちにくく、また簡単に装着、取外しが出来る点が便利です。食事の際や、歯磨きの際に簡単に取り外せるので便利でした。また、事前にシミュレーションで治療中の歯の動きや治療後の歯並びなどを確認できる所も良かったです。